更新年月日 2019.5.8


光と愛 アイバンク献眼専用電話番号 24時間365日受付 

 

 090-4252-0007 

 

*ご遺族の皆様へ

 

 上記の携帯電話は裾野ライオンズクラブのアイバンク(献眼)委員長が常に携帯し、

 24時間365日常に待機しています。ご連絡頂ければ即当会会員が参上いたします。

     *尚、献眼には法定の時間ルールがあり、死亡後8時間以内に摘出開始となっています

 皆様方のご理解ご協力を重ねてお願い申し上げます。

献眼活動とは・・・  

 私たちは、光を取り込む角膜、ピント調整をする水晶体、色や光の強さを電気的な刺激に変え脳に伝える網膜・視神経のすべてが機能して、モノを見ることができます。この中で、角膜にのみ病気をお持ちの方は、角膜移植によって光を取り戻せる可能性があります。角膜移植は、善意の献眼があってはじめて成り立つものです。 角膜は160年から180年間機能すると言われており、ご提供に際し年齢制限はございません。アイバンクでは、ご提供いただいた角膜を適正に評価し、公平・公正に、待機患者様にお届けしております。両眼のご提供をいただいた場合には、お二人の患者様に移植されます。  献眼後には、いくつかの検査が必要です。血液の検査、角膜の検査をさせていただきます。場合によっては、すぐに移植に用いることが出来ないこともございます  ご献眼にあたっては、生前の献眼登録がなくても、ご家族が承諾することで、お受けすることが可能です。

2018-2019裾野ライオンズクラブ会長スローガン

We Serve  気楽に楽しくいきましょう!

会長所信、重点目標

所信

 

 

2018-2019裾野ライオンズクラブ会長 植松 敬之 

 

 

日本社会は超高齢社会に突入し、価値観や社会制度にも変化や改革が必要な時代になりました。  

 

 ここにある問題点は、若者が将来に対し希望を持ちにくく、漠然と不安を抱えている 現状があるからだと考えられます。  

 言い換えれば未来に夢や希望がありそれが、実現可能であるという実感を持つことができれば、人は勇気を持っていきいきと生きることができると思うのです。

 

 私たち裾野ライオンズクラブは奉仕を通し、その夢や希望を叶えるお手伝いが出来ればと考えています。  ややもすると高齢者に対する福祉を優先する傾向にある社会ですが、これからの社会を担う若者(子ども)にこそ光を当て、どんな支援が必要かを考える時代であるとも考えています。

 

 ライオンズカップ(少年野球)への協賛や吹奏楽フェスティバル開催等は、その実践として評価されるべき事業であると自負するところでもあります。  然りながら、活動を持続させる為には、組織としての「力」が必要です。

 冒頭述べました高齢化は私たち裾野ライオンズクラブに於きましても深刻な問題であります。  従って今年度は会員維持と増強を真剣に考えなければなりません。楽しいクラブライフ、有効な奉仕活動。メンバーひとり一人がライオンズの活動を通し、人生が豊かであると実感できる奉仕の在り方。

 

 またそれをメンバー以外の人々にも知って戴けるPRも必要だとも考えております。  

肩肘を張らず各自が身の丈に合った奉仕を実践し、仲間を増やすことが出来る1年としたいと考えておりますので、メンバーの皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

重点目標    

 

・青少年健全育成のための事業

    

・裾野ライオンズクラブ活動のPR

    

・会員維持と増強

クラブ関係アクティビティ、例会など

2019.4.2 御殿場高原ホテル

私ども友好クラブである諏訪湖ライオンズクラブの皆様がご来訪され合同交歓例会及び懇親会が開催されました。例会終了後懇親会では外の桜は五分咲き程度でしたが、盛り上がり花盛りの宴となりました。

アップ状況

クラブ直近予定

1)4月21日(日)334C地区第65回年次大会開催            

       於;焼津市;焼津文化会館 10:30受付            

       出席者;代議員 L長岡安成名誉顧問・元ガバナー 代議員 L植松 L眞田博昭 L中川好大             L渡邉吉巳 L小野田 L渡邊康一 (補)L横山  

2)4月23日(火)次年度クラブ役員打合せ会開催 於;事務局18:30   

3)4月25日(木)第4回ガバナー諮問委員会ゾーンGLTGMT委員会開催            

        15:00~  会場;御殿場高原ホテル 登録料8,000円            

        出席者;L渡邊康一次期ZC L岩瀬次期MC・L情報・IT委員               

        今年度 L植松 L渡邉吉巳 L斉藤               

        次年度 L中川好大 L横山昌孝 L佐野 L小林  増田事務局員  10名  

4)4月26日(金)計画委員会開催 於;ドンボーノ 18:00  

5)5月 7日(火)第1例会開催「事業計画・予算検討例会」            

   第1・第2部会合同委員会開催 於;松富 12:15    

6)5月14日(火)クラブ理事会開催。事務局18:30   

7)5月21日(火)第2例会開催 「メンバースピーチ例会」<MC委員会>  於;松富 18:30ゴング  

8)5月26日(日)334複合地区第65回年次大会開催  

        於;富山                             

9)6月 4日(火)第1例会開催 於;ジャストワン<社会見学・企業訪問>  

10)6月 8日(土)裾野市ボランティア連絡会総会 13:30 於;福祉保健会館        

11)6月 8日(土)第7回裾野ライオンズクラブ富士山カップ選抜学童野球裾野大会開催 

        開会式 8:30  

12)6月 9日(日) 〃  閉会式 14:00  植松会長席出席                   

13)6月15日16日(土・日)最終例会開催。<計画・市民奉仕委員会>

CN50記念サイト

↑画像クリックで当日の画像集サイトにジャンプします。
↑画像クリックで当日の画像集サイトにジャンプします。

ライオンズクラブとは

この頭文字から"LIONS"と名付けられました。これがスローガンです。

 

ライオンズクラブのモットーは、"We Serve”我々は奉仕する)です。ライオンズクラブは世界最大の国際的な民間社会奉仕団体で、1917年米国の実業家のメルビン・ジョーンズが結成。日本には1952年(昭和27年)東京ライオンズクラブが設立され、その後日本各地に広がりました。我々ライオンズクラブは、それぞれが属する地域社会への感謝の意をこめて、人々へ奉仕を行い清掃活動などの地域に密着した活動から青少年の健全育成のためのプロジェクトや世界的な失明予防活動などの遠大なプロジェクトまで、常に地域社会のより良い未来を築くために取り組み続けています。


特設サイトにジャンプします
特設サイトにジャンプします

結成認証式 アーカイブ

裾野ライオンズクラブ認証書

裾野ライオンズクラブは昭和40(1965)年9月12日に結成され、翌年4月25日認証式が盛大に挙行されました。静岡県内で27番目の結成です。皆さんは、すでにご承知のように、ライオンズクラブは地域社会への奉仕活動を活発に行っている団体です。主な事業の一つに献眼運動があります。献眼登録受付を行っているもので、熱心な運動と、皆さんの温かいご理解に支えられて、崇高なご奉仕をいただいています。

友好クラブ

裾野市関係

地区誌 閲覧ページへジャンプ
地区誌 閲覧ページへジャンプ

クラブ事務局

 

静岡県裾野市佐野921-3

大橋ビル2F

tel:055-993-0007

fax:055-993-8737

Email: slc@ka.tnc.ne.jp

当ウェブサイトはクラウドコンピューティングでシステムを構築しています。また、お出掛けの際の利便性を図るようにスマホ、タブレットなどのハンディデバイスに対応しています。そのため高負荷になるflash動画等をなるべく少なくしています