2017裾野吹奏楽フェスティバル 10月7日 千客万来の千秋楽

2013年より裾野ライオンズクラブ結成50周年事業として創められた裾野吹奏楽フェスティバルがこの5回目で無事に千秋楽を迎えました。5年前とは見違えるほどの子供達の成長を感じることができました。

更新年月日 2017.10.18


光と愛 アイバンク献眼専用電話番号 24時間365日受付 

 

 090-4252-0007 アイバンク専用電話

 

*ご遺族の皆様へ

 上記の携帯電話は裾野ライオンズクラブのアイバンク(献眼)委員長が常に携帯し、

 24時間365日常に待機しています。ご連絡頂ければ即当会会員が参上いたします。

2017ー2018 裾野ライオンズクラブ会長スローガン

実践しよう! Friendly to others

2017-2018 会長 眞田博昭
2017-2018 会長 眞田博昭

所信

 

日本経済は規制緩和等により所得格差が拡大し、それによって 日本人独特な情け、人と人との繋がりが希薄になっているように 思います。

 

  また国内の高齢化が進み、65歳以上の人が3300万人等 で人口比率が26%となっているのが現状で過去最高となっており、 少子化と共に高齢問題が経済的にも社会保障的にも、抜本的対策 が必要ではないかと思います。

 

国外を見るとアメリカ国の保護主義的な考え、あるいはイギリス国の EU離脱等政治的にも、経済的にも大変不透明な世界情勢の中で 若者に夢と希望が失われているように感じます。 その中で私達裾野ライオンズクラブでは経験豊かなメンバーが沢山 在籍しており、今こそ知恵を出し合い、思いやりの有る、人に優しい ライオンズクラブの原点、We Serveを実践する事が責務だと思います。

 

 それには絶対に会員数の維持及び会員増強をしなければクラブ活動 の発展は大変難しく厳しいと思います。その為にも裾野ライオンズクラブ メンバ―が一致団結して諸先輩が英知と歴史で築きあげて来た53年の 伝統を継承し次の世代に引き継ぐ事が私達に課せられた責務だと思います。

 

 設立53年目の会長として、身の引き締まる思いですが一生懸命努力する 所存で有りますので、ご支援ご協力を切にお願い致します。

基本方針

 

1、優しい例会に心がけ、会員同士の親睦をはかる

 

2、会員の維持と拡大を図る(目標3名)

 

3、認識を高めた奉仕作業を図る

 

重点目標

 

1、アイバンク活動の研究とP.Rの推進

 

2、経験豊富な会員の負担にならないクラブ運営の推進

 

3、パノラマロード、芝生の丘の美化活動推進

2017-2018 理事会メンバー

クラブ関係直近予定

アップ状況

CN50記念サイト

↑画像クリックで当日の画像集サイトにジャンプします。

↑画像クリックで当日の画像集サイトにジャンプします。
↑画像クリックで当日の画像集サイトにジャンプします。

ライオンズクラブとは

この頭文字から"LIONS"と名付けられました。これがスローガンです。

 

ライオンズクラブのモットーは、"We Serve”我々は奉仕する)です。ライオンズクラブは世界最大の国際的な民間社会奉仕団体で、1917年米国の実業家のメルビン・ジョーンズが結成。日本には1952年(昭和27年)東京ライオンズクラブが設立され、その後日本各地に広がりました。我々ライオンズクラブは、それぞれが属する地域社会への感謝の意をこめて、人々へ奉仕を行い清掃活動などの地域に密着した活動から青少年の健全育成のためのプロジェクトや世界的な失明予防活動などの遠大なプロジェクトまで、常に地域社会のより良い未来を築くために取り組み続けています。


特設サイトにジャンプします
特設サイトにジャンプします

結成認証式 アーカイブ

裾野ライオンズクラブ認証書

裾野ライオンズクラブは昭和40(1965)年9月12日に結成され、翌年4月25日認証式が盛大に挙行されました。静岡県内で27番目の結成です。皆さんは、すでにご承知のように、ライオンズクラブは地域社会への奉仕活動を活発に行っている団体です。主な事業の一つに献眼運動があります。献眼登録受付を行っているもので、熱心な運動と、皆さんの温かいご理解に支えられて、崇高なご奉仕をいただいています。

友好クラブ

裾野市関係

地区誌 閲覧ページへジャンプ
地区誌 閲覧ページへジャンプ

クラブ事務局

 

静岡県裾野市佐野921-3

大橋ビル2F

tel:055-993-0007

fax:055-993-8737

Email: slc@ka.tnc.ne.jp

当ウェブサイトはクラウドコンピューティングでシステムを構築しています。また、お出掛けの際の利便性を図るようにスマホ、タブレットなどのハンディデバイスに対応しています。そのため高負荷になるflash動画等をなるべく少なくしています